ちいさい暮らし。

ゆるくミニマルに暮らす。

モノを減らしたいなら、まずは収納用品を捨てる。

 

断捨離の神が降臨し、

あれもこれもと手放して、

ヤッター収納用品が空いたよ~!

と喜びます

 

百均のカゴから衣装ケースやカラーボックスなどの

大物まで様々だと思います

我が家も出ました出ました収納用品の数々

 

 

 

「これ、何かに使えそう」

 

 

と思って取って置いたら意味ありません

その場でピンと来なければ捨てましょう

別のところに移動したらそこにまたモノが入ります

収納する何かを探す時点で

その収納用品は要らないモノです

 

特に百均のカゴなどは

小さいのでとりあえず取っておきがちですが、

捨てましょう

もしまた必要になった時に買えば済む話です

 

しかしいったん捨てると

また同じものを買うことが嫌になるので、

買うことはないと思います

実際私がそうだからです

 

 

 

昨年整理収納アドバイザー2級の試験を受けるために

受講しました

が、急きょ予定が出来てしまい、

途中で早退したため

取れませんでした

 

でも今思うと、

資格を取る必要はありませんでした

 

その先生の、

「自分の家のどこをうまく収納したいですか?」

という質問に、

モノが少なくなった我が家には収納したいモノが

思いつかなかったからです

とりあえず押し入れを上手に活用したいと答えましたが、

今押し入れはスカスカです

 

収納するものがないので資格は必要ないのです

(でも受講して、為にはなりましたよ)

 

1級まで取りたいならば別です

1級はどちらかというと

人に収納のあれこれをアドバイスしてあげたい

それを仕事にしたい人が取るべきだと思うからです

 

今の私に収納のノウハウは必要ありません

 

 

 

話は戻りますが、

収納用品があるとまたそこにモノをいれたくなるので、

空いた収納用品はどんなサイズのものでも処分しましょう

そうすればもうモノは増えません


捨てるという痛みを味わうと、

モノを増やしたくなくなります

 

 

数年前に

「カラーボックスがとても便利です」

とTVで取り上げられ、

これは素晴らしいと何個もカラーボックスを

買いましたが、

今は一つもありません

重い思いをして持ち帰り組み立てて、

最終的には全て粗大ゴミとして

クリーンセンターへ持ち込みました

 

収納を考えるくらいなら

モノを減らした方が楽です

今までいろんなモノを手放してきましたが、

カラーボックスだけは買って後悔しまくりました