ちいさい暮らし。

ゆるくミニマルに暮らす。

冷蔵庫内の「見える化」

 

冷蔵庫内は整理整頓よりも

見える化」重視です




f:id:nico201539:20171021225244j:plain

 

 

庫内は仕切りを作りません

例えばケースに入れて収納するなど

仕切ることで何が入っているか見えなくなるからです

 

見えなくなると食べ忘れます

 

 

モノを詰め込み過ぎる(=買い過ぎる)ことでも

見えなくなります

買ったものから手前にしまうので、

既に冷蔵庫に入っていたものは奥へ奥へと

押しやられます

 

そういったものが、

気付くと消費期限切れ

少しならいいけど、

半年とか経つものも少なくありません

 

 

 

我が家でも期限が切れるものがあります

チューブ類です

使う頻度の少ないチューブのにんにくとか

愛知県ではお馴染みの

チューブの味噌(かけてみそつけてみそ)

などです

あと乾物系

青のりや天かすなど

 

 

定期的にチェックを忘れずに

と思いつつ忘れます

 

 

 

期限が切れても

見た目に変化がないと気付かなかったりもします

 

以前友人に、

「小麦粉なんて期限が切れてもそこから1年とか食べれるよ」

と言われゾッとしました

(冷蔵庫に入れていないそうです)

粉類はダニがわく(つく)と聞くので、

恐ろしくて食べれませんが、

見た目は変化がありません

 

 

庫内は仕切らない、

定期的にチェックする、

で快適に使えると思います

 

 

食べ物をダメにしない

が、一番の節約になると思います