ちいさい暮らし。

ゆるくミニマムに暮らす。

「自分へのご褒美」

いつからだろう



「自分へのご褒美」って

言葉を聞くようになったのは






最初は多分

ボーナスが出る時期の

雑誌で読んだ記憶





モノを買わせるテクニック的な?


雑誌で読むと、

何かを買う自分を 肯定できる

(エステとかもあり)




でもよく考えたら





ご褒美ってね(笑)

何 頑張ったんだ?

働いてる時は 仕事?

専業主婦なら 家事?育児??



気付いたら

何気ない日常で 使ってるわ、



「これ、ご褒美ね!」






結局

買いたいものがあって買うのと違い、

散財だけ のような

気がしてならない





自分自身で考えてみると、

お金を使いたい、だけ

そのために

雑誌なんかで読んだ「自分のご褒美」の

文字にのっかって




パーッとお金を使うって

気持ちいいよね





でも買ったあとは

自己嫌悪の嵐

何でこんなの買ったんだ?って

お店の人のうまい言葉に

のせられた自分に

これまた衝撃の嵐



結局 ご褒美はあまり必要ないのかも




だって



家族が元気で

雨風しのげる家があって

最低限の生活が出来るのが

一番の幸せで、

きっとそれが

神様からのご褒美かなと 思う




それを忘れちゃうと

夫婦は特に

お互いへの感謝の気持ちも

忘れちゃう

残るのは

いがみ合いとか すれ違い




前の旦那さんと離婚してまで

今の旦那さんと結婚した友人A



「失敗したわ」


とグチるグチる

友人Aと知り合って12年

12年もグチってるわ




話聞いてると

前の旦那さんの方が、

職業とかプライベートの感じは

全体的に良いわ(性格は知らないので除く)



今更言っても仕方ないのに







さぁて

もうじき春休み




新学期始まったら、

春休みを乗り切った 自分へのご褒美、

何にする?



なんてね♪