ちいさい暮らし。

ゆるくミニマルに暮らす。

なくてもあっても幸せならOK。

最近断捨離ネタが続いていましたが、

ちょっと思考を変えて

モノの持ち方についてぼやいてみます




**********





モノが多くても少なくても、

その人が幸せならOK





だと思います










ミニマリストブームで

とにかくモノを減らす、

減らさないといけない





という心理が働き、

私もいっちょやってみるか!



と始めたはいいが、

必要なものまで捨ててしまい、

買い直す



これでは本末転倒






そういえば

どなたかのブログで、

「私子持ちのアラフォーだけど

Tシャツ2枚で過ごしてる」

と書いてあるのを読んで、

それってさすがにヤバイんじゃないの?

とは思いました






若者ならまだしも

アラフォーアラフィフ世代になると、

必要に迫られる服ってあるし…






いわゆる

Tシャツ、サンダルでは行けない場所の

キチンと服







こういうのは

モノがなくても幸せならOKには入らなくて、





TPOをわきまえるためにも

もう少し所持しましょう、

所持が嫌なら

最初からキチンとした服を着て過ごしましょう、

とか

思います







キッチン用品なんかも

目分量とかで出来ると思いますが、

子持ち家庭なら

必要不必要でモノの所持を考えるのではなく、





子どもの学びとして

計量カップや大さじ小さじ、

ザルやボウルなどは

必要かなと思います





特に

小学生高学年~になると家庭科の授業で

調理実習ありますからね、

大さじ?知らねーそんなの、

見たこと無いし~

では済まされないような…??





と、

結婚して子どもがいる家庭では

減らしすぎない方が

良いのかなというのが持論です






では

断捨離続けます

洋服が~

また出ました